長崎の税理士・会計事務所の永田経営グループのブログです!!

教えます!私たちの日常

2017年2月21日火曜日

セルフメディケーション税制

今年も早いもので2月の後半となり、確定申告真っ只中になってきました。

さて、平成29年より従来の医療費控除の特例としてセルフメディケーション税制という
制度が始まりました。

以前の医療費控除は、10万円以上(年収200万円以下の方は総所得の5%)の医療費
支払った方を対象にしたものでした。

セルフメディケーション税制は、スイッチOTC医薬品と呼ばれる対象商品を12000以上購入した方を対象とした控除のため、医療費控除と比べてより身近な控除となっております。

また従来認められていなかったドラッグストアで購入した医薬品にも適用可能な商品があり、今まで破棄されてきたようなレシートも使える可能性がありますので、是非保管されることをお勧めします(詳しくは厚生労働省のHPにてご確認下さい。)

但し、この制度は
・治療目的のものに限られる。
・所得税や住民税を収めていて、かつ、健康の維持・促進及び疾病の予防への取り組みを
 行う個人が対象になる。
などの制限が付きます。

詳しくは弊社担当までお問い合わせください。

以上インフルエンザからカムバックした池松がお届けしました!(^^)!

2017年2月18日土曜日

環境の変化

みなさん、インフルエンザにかかっていませんか?
今年は例年以上に流行しているようで、永田会計でも7人の社員がかかりましたが、何とか私はその流行には乗らずにすんでいます。

さて私ごとですが、昨年10月に結婚し名前が下岸から井口(イノクチ)に変わりました。結婚後今回初めてブログを書かせていただきます。
 昨年から大きく環境が変わりました。結婚し新しい生活が始まり日々時間に追われる毎日です。慣れない家事と、仕事との両立はやはり大変で何度も投げ出したくなります。
今は周りの協力のおかげで何とかやっています。
改めて自分の親や世間の主婦の方はすごいなと感じています。

人は誰しも1人ではできないこともあるので、周りの人たちに助けを得ながら、
独身時代と変わらないくらい、、、前以上にお客様のお役立ちができるよう努力していこうと思います。

とうとう税理士事務所で一番大変な確定申告の時期がやってきました。体調を崩さないようにまずはこの時期を乗り越えようと思います。

以上、井口(イノクチ)でした!

2017年1月31日火曜日

目標

今年も早いことに1月も終わり、2017年も1/12が過ぎました。
時間が過ぎるのは早いことにあらためて感じている田平が担当させていただきます。

永田経営グループでは、仕事初めの日には、毎年各人が今年の行動目標を全員の前で発表
します。
昨年12月より社内会議や課長面談を重ね、2017年会社の方針を基に、自分がどう行動して
いくかを検討し、行動計画書を作成しました。
しかし、1か月があっという間に過ぎ、この行動計画書と実際の行動を振り返るとなかなか
思うような行動がとれておらず、反省するばかりです。。。

日々の業務に追われ、もともとの目標を忘れ、バタバタしているだけだったような気が
します。
1週間に一度は、立ち止まって考える時間が必要ではないかと思っています。

時間が過ぎるのは早いですが、まだ1か月過ぎたばかりですので、ここで仕切り直して、目標を達成できるように、行動していこうと思っています。


これから年度末に向けて、忙しくなる方もいらっしゃると思いますが、インフルエンザにならないように元気にお互い頑張りましょう!

2017年1月23日月曜日

冬眠

1月中旬から毎年恒例のしもやけができた原岡が今回ブログの担当をさせていただきます。

 突然ですが寒いので冬眠について調べてみました。
冬眠とは、ある種の動物が冬の間に土や穴の中に入って活動をやめ、食物をとらず冬を越す
ことで、理由が変温動物は気温が下がると自分の体温も下がり、活動できなくなるから、恒温動物は体温が一定しているので活動できないことはないのですが、冬場は食べるものもないので体力を消耗しないように冬眠するみたいです。
 今まで冬眠について深く考えたことがなかったので、調べてみると様々な理由があって面白かったです!冬眠しない動物もいたりするのでその理由も今後時間があるときに調べようと思います。
これから確定申告なども始まり忙しい日々が続きますが、冬眠している動物のことなどを考えて癒されながら体調を崩さないように仕事を頑張ろうと思いました。

2016年12月12日月曜日

年末調整②

 今回ブログを担当させて頂く深溝です。
 以前、年末調整のマイナンバーについて掲載しましたが、年末調整とは具体的にどういった事をするかご存知でしょうか?
毎月給料から源泉徴収税額表によって所得税及び復興特別所得税が引かれています。
が、その引かれている1年間の源泉徴収税額は正しいとは言えません。
人によって違いますが、其の訳は3つあります。
    源泉徴収税額表は年間を通して給料の変動がないものとして作成されているのでその人が中途で給料が変動した為税額が変わってくる
    中途で配偶者や親族等の異動があっても、その後から給料の支払額が修正されるだけで、異動前を遡って源泉徴収税額が修正されていない
    配偶者・生命保険料等の控除は、年末調整で控除する事とされている
源泉徴収税額が合わないのは其の為です。
正しくする為、1年間の給与総額を固め、年末に納めるべき税額を計算し、それまでに徴収
した税額との過不足額を求め、その差額を徴収、又は還付し精算します。

年末調整は大事ですのでちゃんと手続きをしましょう!

2016年12月3日土曜日

FP2級

こんにちは(^^)
今回ブログ担当の平尾です。

12月に入り、今年もあと1ヶ月を切りましたね!
1年って早いなーと実感しています。

先月、TKC所得税の試験を受けたのですが、もうすぐ結果が分かるので
とてもドキドキしています。

今年は、保険の知識を深めようと思い、FP3級を受験し合格することが出来ました。
ですので、来年はFP2級にチャレンジしてみようと思います!
FP2級は、個人資産相談業務・生保顧客資産相談業務・損保顧客資産相談業務・中小事業
主資産相談業務と項目が4つあるので、1つずつ合格を目指して勉強していこうと思います。

風邪に気を付けて、今年残り1ヶ月を元気に過ごしましょう!

2016年11月24日木曜日

採用基準

永田会計 社員ご長寿ベスト3に入る中川です。( ̄▽ ̄)
先月、子どもの通う高校の保護者進路説明会に参加しました。
最初に進路講話として、某大手通信教育企業の方から大学受験の現状についてお話が
ありました。

それは、まず2040~2050年の間に訪れるとされる「シンギュラリティ(技術的特異点)」の
ことからでした。
大学受験の話なのに?と思いましたが、「社会の変化」(社会で求められる力)は、「大学
入試」にリンクしているのだそうです。
ではいまどのような人材が求められているのか?というと、

「習得した知識と経験をもとに、英語ICTツールを使いながら、
 自ら答えのない課題を解決できる人材」
なのだそうです。(  はキーワード)

長年、外資系コンサルティング会社の採用担当をされていた方の本には、ケース面接のとき、正しい答えが存在しているという前提で、その答えにたどり着こうと“答えを探す”人と、目の前の問題について考えることに集中する人の態度はまったく異なるものだと書かれています。
ケース問題に答えが出せたかどうかは採用判断にはほぼ関係なく、面接担当者がなによりも
知りたいのは「その候補者がどれほど考えることが好きか」そして「どんな考え方をする人なのか」という点だそうです。

また、「考える力」もしくは「思考力」とは、「思考スキル」のみでなく、「思考意欲」と「思考体力」が必要である。さらに思考スキルはトレーニングを受けて習得することが可能であるが、思考意欲や思考体力は一朝一夕に身に付くものではなく、高い思考力をもつために
不可欠な適性であり、面接時によく見極める必要がある、と述べられています。
採用面接において重要なことは、思考スキルの高い人と低い人を見分けることでなく、「ものすごくよく考えてきた人と、あまり考えてきていない人」を見分けることだとありました。

高1の娘に、「だからね、ふだんから何でも自分でよく考えるっていう習慣が大事なんだよ」と力説してもケイタイをいじりながら「ふーん」と適当なあいづち・・・だから人の話は
ちゃんと聞けって!!( ̄  ̄;